midashi_design.png

曹洞宗禅寺 高倉山願成寺 様
山口県美祢市にある、曹洞宗の禅寺「高倉山願成寺」様のブランディング及び各デザインを制作。また祭事・イベントの企画と運営等も関わらせて頂いております。


願成寺との出逢いは、2012年1月に送って頂いた1本のメールからでした。


当時のお寺の現状と南住職(当時は副住職)の想い。切実なまでに長文で綴られたメールに弊社もお寺からご依頼が来ることの驚きを隠しきれませんでした。内情は文面ではお伝え頂いたものの、コポキャラ指針である「まず会う、現場に行く」というスタンスの元、藤原と馬淵が新山口の駅に向かったのは2月下旬でした。新山口で迎えられた若き僧である南住職との出会いはここからスタートいたします。

お寺の本堂に入るのも何かまだおこがましいと感じていた距離感を今でも覚えております。実際住職という方と面と向き合うのもなかなかない機会でしたが、今のお寺業界の現状や檀家制度というしがらみや高齢化や檀家自体の減少、地域の過疎化...悩み悩んでいる住職の姿は、もちろん私達と同じ立場。

「お寺というのは、観光や墓参り時に行く」という位置づけが根付いてしまっている私の価値観もありましたし、このままでは歴史ある日本のお寺がどんどん衰退し、いずれ滅んでしまう。そのリアルでシビアな現実を目の当たりにしました。

今まで気にもしなかった衝撃的な現実に、何とか私達がお手伝いできることはないのか?まず現状の把握と、今まで上面な知識しかなかった「仏教」とは「寺」とはそもそも何か。これを私達の宿題とし、山口を後にしました。

まず弊社にて、現状を知った上で、日本人として、お寺がこうあって欲しい、こうあるべきではないのか?を洗い出し、今の世相と併せてお寺の未来を、南さんの持つ想いと共に企画プランに起こす作業より開始。残すべきもの、かえるべきもの、現代に置き換えながらも、未来を見据える。

10P以上にも及ぶ企画書を携えて、キーワードは「寄り添えるお寺」というコンセプトを軸にこのプロジェクトが始まります。まずは、ロゴ製作より開始。これはこれからの願成寺に向けたある意味ビジョンも兼ねたビジュアライズの総結集。想いからあふれるキーワードをちりばめ、形に起こしました。

<ロゴ&エンブレム> DESIGN : 馬淵純哉 DIRECTOR : 藤原聖仁

logo.png



願成寺のロゴ紋章には、様々な想いが込められています。紋章には、願成寺開基の大内氏の家紋である大内菱をモチーフとしたマーク。「和(輪)」の中にあるマークが中心ではなく左に配置しているのは、日本の縮図の山口県の所在地を意味し、山口(西日本)から日本の活気を取り戻し、今後は世界への発信も視野に入れ、寄添寺「願成寺」としての想いを最大限に発揮する願いが込められています。ロゴフォントマークは、願成寺の字の構成の特徴を生かし、和のテイストを取り入れ格子状のデザインイメージになっております。今までのお寺のイメージを覆し、「ひっそりと、且つ、しっかり存在する。」現代風モダンな雰囲気もプラスし、願成寺が目指す新しいお寺の形を反映しております。また、カラーリングについても、黒ではなく、濃灰で洗練された空間と静粛な空気を表現。赤は裏山の荒神山(高倉山)に沢山植えられていた椿の色。また人とのつながる情熱や生きるという血液の色も表現されております。

<Web> DESIGN : 馬淵純哉 DIRECTOR : 藤原聖仁

web.png



そして、この御時世、活動を発信するツールとしてのWEBサイトを製作し、各種ソーシャルも登録。小さなことでも少しずつお寺の慣習やしきたり、また住職が何を考え人々に日接しているのかを発信していきました。
また、願成寺には法要などの区切りの祭事はあったものの、檀家や地域の皆様が気軽に足を運べるような催しが皆無だったため、まず「お寺を知って頂く」ということより始めなければと、ヨガの講師をお招きして座禅を組み合わせた「ヨガ×禅」を始め、単に客寄せではない、お寺を通して伝えたいことを軸に数々の企画を立ち上げました。
また盆先祖供養である、「繋命盆」ではキャンドルをご先祖の帰ってきた命に例え、今元気に私達が生きていることの感謝を伝える幻想的な空間を企画運営し、年々参拝者が増えてきております。これらの企画を通じて、今までほとんど礼拝者がいなかった寺に、年間600名以上を超える地元&県外問わずの方がお見えになりました。
現在ではこれらの活動を通じて、寺の新しい取り組みにテレビや新聞(コラム連載)など各種メディアの取材も多く頂き、地元の方々や檀家さんの共感も得て、多くの方に支えられています。
2015年の2月には、願成寺を古くより見守っている秘仏「三宝荒神像」の25年ぶりの御開帳大祭が行われ、今回の大祭も、住職、檀家総代の方々や地元の方々と共に新しい祭事の創造を制作中。これから「未来に残る寄添寺」として、まだまだそのチャレンジは始まったばかりです。

<チラシ&ポスターデザイン> DESIGN : 馬淵純哉・難波和也 DIRECTOR : 藤原聖仁

スクリーンショット 2014-12-05 12.19.04.pngtoumei.png0824.pngtoumei.pngスクリーンショット 2014-12-05 12.22.16.png

スクリーンショット 2014-12-05 12.23.43.pngtoumei.pngスクリーンショット 2014-12-05 12.24.22.pngtoumei.pngスクリーンショット 2014-12-05 12.14.22.png
スクリーンショット 2015-02-04 17.42.31.pngtoumei.pngスクリーンショット 2015-02-04 17.42.51.png

スクリーンショット 2014-12-05 12.22.58.pngtoumei.png10685570_952435781453189_8701410978280199440_n.png


■ 高倉山願成寺 http://www.yorisoidera.me/