midashi_design.png

有限会社ビューマスター 老眼鏡FLOAT 様
•C.I構築 •ブランドネーミング&カラーリング •ロゴデザイン •Webディレクション •パンフレット制作(URBAN EARTH , URBAN GALAXY) •商品パッケージ(URBAN EARTH , URBAN GALAXY) •プロモーション •展示会ブースディレクション

<ロゴ&エンブレム> DESIGN & DIRECTOR : 藤原聖仁

logo-600x446.png



老眼鏡FLOATの特性のひとつである「老眼鏡にホームポジションを」というコンセプト。それを象徴するベースマグネットを中心に考案しました。

これによって老眼鏡がふわふわ壁に浮かぶ様子からFLOATというネーミングが生まれました。

マグネットのオレンジとチャコールグレーをメインカラーにし、全体的にはPOPなFLOATの質感から丸みのある書体を使い商品との統一感をはかりました!(藤原聖仁)

<Web> DIRECTOR : 藤原聖仁

web-600x446.png



<パンフレット>•URBAN EARTH(DESIGN & DIRECTOR : 藤原聖仁)

pamp_e1-600x446.pngtoumei.pngpamp_e2-600x446.png



パッケージのアイコンをよりわかりやすく具体的に展開しました。

パッケージデザインと同様のカラーリングを用いることで全体の統一を考えています!(藤原聖仁)

•URBAN GALAXY(DESIGN : 馬淵純哉 DIRECTOR : 藤原聖仁)

pamp_g1-600x446.pngtoumei.pngpamp_g2-600x446.png



(馬淵純哉)

<パッケージ>•URBAN EARTH(DESIGN & DIRECTOR : 藤原聖仁)

pack_e-600x446.png



FLOATの当初の目的は「老眼鏡の市場を開拓すること」。

普通のアイウェアの売り場ではないところにこの商品を売り出す事を目論んで、一般大型書店をイメージし、その中に並ぶ本の一冊という感じで書店に並んでも遜色のないイメージを考案していきました。

マグネットマークを中窓にして、そこから各パーツも見せる工夫をしています。(藤原聖仁)

       •URBAN GALAXY(DESIGN : 馬淵純哉 DIRECTOR : 藤原聖仁)

pack_g-600x446.png



(馬淵純哉)

<名刺&封筒> DESIGN & DIRECTOR : 藤原聖仁

meishi1-600x446.png



創業者の瓜生氏のイメージ通り、シンプルでスタイリッシュに飽きのこないものを想定しています。

全体がシックな中に、ロゴを少し遊びのフォントを入れることでこの会社の商品作りのおもしろさを表現しています!(藤原聖仁)

<プロモーションキャラクタ> DESIGN : 馬淵純哉

eyedandy-600x446.png



(馬淵純哉)

■ 老眼鏡、メガネ(眼鏡)の新しいスタイル「FLOAT」http://www.float-glasses.com/